新潟発!restart laboratory letter

こどもとの時間も働くことも大切。

ペルソナを決めていますか?

こどもとの時間を大切にし、

生活のために働くことから解放する専門家の諸橋孝子です。


ペルソナとは、
仮面という意味ですが、
マーケティングにおいて
「企業が提供する、製品・サービスにとってもっとも重要で象徴的なユーザーモデル」と言われていますね。


f:id:tako19811125:20160925205642j:plain


そんなペルソナをご存じのかたも多いと思いますが、
ペルソナ=フォーカスした顧客=たった一人のお客様
ということに、
フォーカスメソッドトレーナーの私は気がついてしまったのであります(^O^)


今日は個人ビジネスでもなぜペルソナが必要なのかをお話したいと思います。


ペルソナは、
氏名、年齢、性別、居住地、職業、家族構成といったものから、
その人の生い立ちや現在の様子である性格、ライフスタイル、趣味嗜好まで決定し、
あたかも実在するような人物像を設定していきます。


ターゲットを明確にして、
誰が?何故買うのか?というところにアプローチできます。

ペルソナを決定するメリットは3つあります。

1、ペルソナに対するデータを徹底的に分析することで、ユーザーの実態を理解できる。
2、思い込みや意識のズレを防ぎ、ユーザー視点を持つことができる。
3、ユーザーの本音を理解できる。


顧客にフォーカスし、
たった一人のお客様様をつくる。
そんなことしたら、
お客様が減ってしまうのではないか?と思ってしまいますよね。


ペルソナを作ることは、
一見「たった一人」を目指すようで、
実はその背後に隠れた多くの人の心を打つ事につながるのです。


なので、
怖がらずにしっかりフォーカスし、
共感されるペルソナを創ってみてください。

Copyright © 2016restart laboratory All rights reserved