読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟発!restart laboratory letter

こどもとの時間も働くことも大切。

みれい菓が6年間で約8倍に売上を伸ばした理由

こどもとの時間を大切にし、

生活のために働くことから解放する専門家の諸橋孝子です。


今日は朝からこどもがサッカーの練習試合だったのですが、

迎えに行く途中カーナビでテレビを観ていておもしろい番組をやっていました。

「売れるものにはワケがある!」と言う番組で、

北海道の菓子がテーマになっていました。



今日はその番組で発見があったので、

それをシェアしようと思います。


ひとつの商品に「フォーカス」して爆発的ヒット商品を作った「みれい菓」の話です。


「札幌カタラーナ」というお菓子をご存じでしょうか??

札幌カタラーナはプリンにカラメルを載せ、
蒸気をかけながら焼き上げる新しいお菓子です。
冷凍された物を、
半解凍の状態でアイスクリームのような、
プリンのような新しい食感が人気になっています。


素材、製法にこだわりがあってしかもラインで製造しておらず、
一つ一つが手作業で手間隙かけて作られています。




今や累計100万個を売り上げ、
子供から大人までに愛される人気な北海道土産です。


「札幌カタラーナ」を製造しているのは、
「みれい菓合同会社
2010年にできた新しい会社で、
直営販売店を持たず、
創業は社員4人、パート6人からはじまりました。


2010年発売開始で人気急上昇。

2010年の売上から2016年の売上はなんと約8倍以上。

今や累計100万個を売り上げ、
子供から大人までに愛される人気な北海道土産です。

現在、札幌カタラーナの商品ラインナップは12種類。


類似製品を他が作っても、
みれい菓の札幌カタラーナのブランドが確立されているので、
ますますカタラーナといったらみれい菓!となるのです。

みれい菓のHPを見るとわかりますが、
類似製品についてというページが実際にあります。

誰にも譲れないフォーカスされた商品サービスを持つ、
フォーカスポイントを見つける事をやってみて下さい(^-^)

Copyright © 2016restart laboratory All rights reserved