読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟発!restart laboratory letter

こどもとの時間も働くことも大切。

マクドナルドのシェイクをなぜ買ってしまうのか??

こどもとの時間を大切にし、

生活のために働くことから解放する専門家の諸橋孝子です。


今日は研究のためマクドナルドに来ています。
理由は近所にWi-Fi環境があって、
営業時間を気にしなくていいからという理由なのですが(^^;)


今日は発見があったので、
それをシェアしようと思います。




そもそもなぜ私がこの情報をシェアしようと思っているかというと、

ビジネス
の師匠である相葉光輝さん(相葉光輝さんのプロフィールはこちら


師匠はいつでも、どんなことでも、どんな場所でも、常にビジネスに置き換えられる。
フォーカスされたもの・ことを探して記録する、ことを教えていただいています。




私も師匠からたくさんの気付きをいただいているので、
このブログを読んでいただいている方が、
ビジネスに置き換えて考えたり、
気づきになってほしいという気持ちでシェアさせていただいています。




さて、前置きが長くなりましたが、



f:id:tako19811125:20160923143259j:plain
期間限定の森永製菓とのコラボキャラメルシェイク




私がシェイクの存在を知ったのは
マクドナルドのマックシェイクなのでは?と思うほど。
やはりマックシェイクはすごいのです。
マクドナルドのシェイクの歴史は1971年から発売され、
約45年のロングセラー商品



マックシェイクがなぜ選ばれるのか?


は飲むスピードにフォーカスした商品なのです。
シェイクのように多少の粘度がある飲み物は、吸い込みますよね?


この吸い込むスピード赤ちゃんが母乳を飲むスピードにしたのです。
飲むスピードをもっともおいしいスピードにするために、
シェイク自体の内容やストローの形状を太いものに変えたのです。

すると母乳を飲む速度とほぼ一緒になり、
無意識の下母乳を飲んでいるような感覚になり、
懐かしく感じるというわけです。


余談ですが、
購入すると「ストローを指してもよろしいですか?」と店員さんから言われます!
ストローがないとこの効果は得られないですものね!




マックシェイクがロングセラーになる理由
他のところがやっていないことにフォーカスされた商品なのです。



ハンバーガーチェーンで店舗数ナンバーワン、
売上高ナンバーワンなのは、
お客様が財布を出しやすいレジカウンターの高さを研究したり、
マックシェイクのように飲むスピードを研究している
人間の心理、生理を科学して成功している企業なのです。




成功している商品や企業からたくさんのヒントが得られます。
起業を志されている方、
自分の商品やサービスが人から選ばれるものにしたいと思われる方は
ぜひヒットしている商品がどんなことにフォーカスされているかを考えてみてください。

Copyright © 2016restart laboratory All rights reserved